SHIBARAKU

人生イージュ★ライダー

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
mhf_20120919_232523_879.jpg

覇種強いですね!
難易度は良い感じかなと思います。だって覇種だから!w
SR上大剣で行くしかないんですが、ニフが良い気がします。
親方ついてないときつそう・・・。

以下まとめ
ネタバレありなので見たくない人はUターン!┓(`Д´┓)
モードが6段階第から7段階に。※7段階は纏うオーラが青色に。
制限時間は20分。BCスタートの為実際はそれより短い。
防御力はほぼ意味を持たず、スキル・PSが重要。
みなもと使用不可能



【推奨持ち物】
強走薬G→ダッシュ、回避、緊急回避を多用しまくる。
乙女の心【避】等→持っているなら持ち込むと楽になる、女神の赦しと同等の効果。
もちろん上位版の乙女の願い、全てがあるならそちらでも。
高速砥石→砥石使用高速化がない場合には研ぐチャンスがごくわずか。かなり便利である。

【必須スキル】
根性→当たらないPSがあってもつけるべき。全装備共通・絶対最優先スキル。
超高級耳栓→説明不要。
早食い→あるとないとでは自他の生存率が激しく変わる。
龍風圧無効→よろめくと死に直結する。
回避可能だがやはりつけるに越したことはない。

【推奨スキル】
毒無効→新段階にて使ってくる技は即死級ダメージで打ち上げつつ毒になる。
必須とする募集が多いが必須というほどのものではない。
女神の抱擁(ガンナー)→凄まじく役に立つであろうスキル。
ランナー以上→ダッシュや緊急回避の場面が非常に多い。
スタミナ切れは死に直結する。アイテムで代用可。
回避性能1or2→熾烈な攻撃で防戦の多い中、
事故を防いだり手数を増やすことが可能なので絶対に欲しい。



【死なないために】
全武器共通で、常に納刀状態を心がける。不要な場面での抜刀は厳禁。
いつでも緊急回避ができる状態にしておくこと。本当に。

追加された第7段階時は攻撃力・範囲・機動力、どれも凶悪極まりないレベルになるため
常に味方のHPを確認し、粉塵を飲めるよう用意しておくこと。

アイテム使用(回復薬全般、砥石など)はチャンスをしっかり見極めよう。
攻撃の合間に使用すると予想外の連撃がよくあるので、
動作の長い攻撃の最中などに使うこと。


【体力】
30000~27000=1段階
27000~24000=2段階=茶ナフレア
24000~20000=3段階=拡散茶ナフレア
20000~18000=4段階=棘拡散落下
18000~15000=5段階=地面剥がし
15000~10000=6段階=ふわふわぼーん
10000~   =7段階=青オーラ
8000~尻尾切断


◆追加行動パターン(どの段階でも原種の行動は全て引継がれている)

【第1段階】
原種と変わりなし。

【第2段階】
咆哮後、確定でエスピナス亜種の溜めブレス。以後使用。

【第3段階】
咆哮後、確定でHCエスピナス亜種の拡散ブレス。以後使用。
茶ナスと違い怯みでキャンセル可。

動作を確認したら剣士は速やかに体の下へ潜り込み叩きまくってよい。

【第4段階】
咆哮後、確定でドラギュロスの落雷モーションからの棘拡散落下。以後使用。

落ちる前に黒い影が出るので落雷よりは避けるのは易しいが、
意外と判定範囲が広いのでやはり緊急回避推奨。刺さった棘に当たると防御半減。

【第5段階】
咆哮後、確定で従来の地面引き剥がしコンボ。
ベルキュロスの急降下キックを使用してくるようになる。
キックには打ち上げ効果があるが、耐えられなかった場合には即死する。
なおベルキュロスのそれより遥かに予備動作が短い。

飛び上がりながらハンターをタゲ取る。
近距離にいて誰がタゲられているかわかりづらい際は、
切断が終わっていなければ尻尾の腹部分が自分に向いているか否かで判断。

【第6段階】
覇種においては最終形態ではない。追加パターンは特に無い。

【第7段階】(ここで尻尾切断が可能)
これが覇種の最終形態。
移行時に青いオーラを纏い、左→右の順番で地面を踏みつける。
両方とも広範囲に打ち上げ効果。
2回踏みつけたあとに前方の広範囲に咆哮。
咆哮エフェクトは球体のように表されるが、
その中にいたキャラクターは確定で大ダメージ+挫折。

なお、通常の咆哮とは違ってどこにいても耳を塞ぐことはない。
ちなみに移行時以外でもたびたび使用する。
青いオーラを放出し始めたら離れよう。

超滑空攻撃を使用する。
『タゲとなるハンターに対して軸合わせをした後』で一回威嚇をし、
その後タゲったハンターのいる方向に暴風を飛ばす

(超ダメージ+打ち上げ)

超高速で地面を巻き上げながら滑空(超ダメージ+打ち上げ+毒)

Uターンして着地

少し停止。

喰らった時点で即死確定、しかも超滑空で直接打ち上げられた場合は、
巻き上げられた地面に着地して粉塵が間に合わず死ぬことが非常に多いので
粉塵タイミングには注意。
回避は非常に困難であるが、慣れればやり過ごすことができる。

【タゲられた際の回避方法について】
超滑空攻撃にタゲられたハンターは死が確定するが、一応避ける方法はある。

【近距離にいた場合】
威嚇動作を確認したら素早く納刀し、左右のどちらかに大きく回り込み、
暴風を走ったままやり過ごす。その後の滑空を緊急回避。

【攻撃中などにより足元にいた場合】
納刀し、相手の背後へ向かって全力疾走。
そして暴風のタイミングでそのまま緊急回避すると暴風も突進も受けない。
こちらはかなり避けやすい。

【遠距離にいた場合】
威嚇確認後に素早く納刀し、とにかく真っ直ぐに走って逃げて相手との距離をとる。
走ったまま暴風から逃げ、滑空を緊急回避。
つまり『走って暴風の当たらない位置まで移動し、滑空突進を緊急回避』。

慣れないうちは回避などできないが、
慣れてしまうとタゲられていても攻撃を受けずに済むようになる。
この動作を確認したら、
タゲられた本人よりも他のハンターが絶対に巻き込まれないように立ち回り、
粉塵をとにかく飲もう。

アドバイスとしては、『威嚇の前にタゲハンターに軸合わせを行う』ことを考え、
最終段階では常に軸合わせ中は納刀し左右に走り込んでおこう。
軸合わせ後の動作が威嚇であれば手順通りに逃げ、違う攻撃ならばそれに合わせて攻撃すればよい。
こうすることでほぼ100%暴風も滑空も受けることはなくなる。

もう一度言おう。 『軸合わせ中は納刀し走ること』。

【追記-ヘビィ等で納刀が間に合わない場合での回避】

① 早めに転がり軸をずらす
  これにより本体への直撃を回避する

② 地面の抉りを回避する
  本体がキャラクター側方を通過中、地面が抉られるタイミングで転がる

これにより回避が可能である。銃仙の回避距離upがあれば意外とかわせる。
もうダメだと思ったら試してみると九死に一生を得るかもしれない。

引用元 覇種UNKNOWN

◆近接




◆ガンナー








管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zank.blog8.fc2.com/tb.php/6727-8a35a97d

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。